最近のニュース
RECENT ENTRY 
最近のニュース

☆HISTORY VANS☆

2018年1月10日

VANSという名前は、
創設者ポール・ヴァン・ドーレンと3人のパートナー(仲間たち)が、由来となっており、ヴァンとその仲間たちが由来とされています。

1966年にショップをオープンしたことからVANSの歴史がはじまりました。
発売初めから製造・販売までの全ての工程を自社で行なっており、80年代までは、一足一足をカスタムメイドの受注生産で行っていました。
この年に製造されていたのが、#44オーセンティック(AUTHENTIC)というモデルです。このモデルは、現在もほぼ変わらないデザインを保ち、愛され続けています。

1976年になると、グリップ力のあるソールやデザイン性が評価され、スケーターたちの間で人気を集めました。
この頃に、後のレジェンドスケーターになる。
トニー・アルバやステイシー・ベラルタなどによって、ERA(エラ)と呼ばれるスニーカーがデザインされ、スケーターからの支持が一層強くなりました。
今では バンズの定番となった【OFF THE WALL】=「意味は:頭のおかしい奴、変な奴」のロゴマークもこの頃デビューしました。

1978年には、サイドのサーフライン(サイドストライプ)で有名なOLD SKOOL(オールドスクール)がデビューしました。
初はBMXライダーの為に作られたOLD SKOOL(オールドスクール)でしたが、スケーター達からの支持が高かったことで本来のディテールにデッキテープとこすれる爪先部分に補強を入れる等、様々な改善がされて今の形に落ち着きました。OLD SKOOLには”JAZZ”という愛称があります。
SK8-HIもこの頃で、「オールドスクール/OLD SKOOL」にインスパイアされて作られた、伝説的なレースアップ ハイトップ スニーカー、スケハイ。内羽根式のデザイン、足首を保護するアンクルパッド、グリップ力のあるワッフルソール等、スケボーに特化した、スケートボードシューズです。

1979年に発売されたVANS CLASSIC SLIP-ONが、南カリフォルニアで大流行しました。「すぐ履けてスケボーができるシューズ」をコンセプトに開発されたスリッポンはこの年にスケーターやBMXライダーから支持され流行しました。

スニーカーの売れ行きが好調だったVANSは1980年代頃70近いショップをカリフォルニアにオープンしました。

後に創始者のポール・ヴァン・ドーレン氏が離れ、事業が拡大し過ぎたことが原因で経営状況が悪化、1984年に経営破綻します。

裁判所はポール・ヴァン・ドーレンを社長として戻ることを条件に、民事再生法を適用。当時ポール・ヴァン・ドーレン氏が全従業員に「むこう3年間は昇給はないかもしれないが、すべてにおいてコストダウンをしなければいけない。しかし、Vansのシューズのクオリティは決して落としてはいけない」と伝え、名言として語り継がれています。

ABC-MART
B1F / 靴、シューケア用品
086-235-5070 086-235-5070