最近のニュース
RECENT ENTRY 
最近のニュース

☆HISTORY CONVERSE☆

2018年1月26日

創立者:マーキス・M・コンバース(1861 - 1931)
1908 CONVERSE創業
コンバースの歴史は、米国マサチューセッツ州モールデンに始まった。ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースは、コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立。雨や雪の中でも作業できるラバーシューズの製造を開始した。その品質の高さから圧倒的な支持を受け、有力企業へと成長した。

1917 CONVERSE ALL STAR誕生
ラバーシューズの販売が雪の多い冬場に集中することから、通年で販売出来る商品の必要性を感じていた。そこで彼が着目したのが、当時YMCA(キリスト教青年会"Young Men's Christian Assosiation")で教鞭をとっていたネイスミス博士が冬場にできるスポーツとして考案したスポーツ。
それはバスケットボールである。試行錯誤の末にバスケットボール専用のシューズを開発する。
「キャンバス オールスター」の誕生である。現在のモデルと比べ驚くほど原型が変わらず、それだけこのシューズが完成された機能とフォルムを持っていたと言える。

ここである一人の人物を紹介します。
『チャールズ・H・テイラー』皆さんは、彼をご存じだろうか?
コンバースをお話しするうえで、欠かせない人物です。
当時のスタープレイヤーだったチャールズ・H・テイラーは、プロバスケットボールリーグに入団すると同時に「キャンバス オールスター」の品質に惚れ込み、現役時代を通じて愛用。引退後もクリニックを開催しながら、多くのプレイヤーにキャンバス オールスターを広めた。
さらに、アドバイザーとして、シューズの改良についてさまざまな助言を与えたのである。彼の偉大な功績を称えて、1946年から彼の名がアンクルパッチに記されるようになった。世界最初のバスケットボールシューズのシグニチャーモデルはこうして生まれたのだった。

1928 アンクルパッチにスター(★マーク)登場
この年に、「キャンバス オールスター」のアイコンとも呼べるスターマークが入ったアンクルパッチ。このアンクルパッチに★スターが搭載された。この年よりも前の物にももちろんアンクルパッチはあった。コンバース(CONVERSE)の頭文字”C"が入っていた。
1925年頃に登場したビッグCラインに始まり、1928年にはスターマークの登場、そして1946年にはチャックテイラーの文字が追加されるなど、時代ごとに変化している。

1935 JACK PURCELL発売
1932年から14年連続でバドミントンのワールドチャンピオンシップを獲得したバドミントン兼テニスプレイヤーが開発に参加し、生まれたシューズ。そして彼の名前をとり『JACK PURCELL』が誕生した。
ブルーのフラットソールを持つこのシューズは、当時最高水準の快適性、耐久性、パフォーマンス性を誇るテニス・バドミントン・スカッシュ等のコート競技用として、往年の全米デビスカップのメンバーなど、プロの間で人気を博した。

1940 SKIDGRIP登場
当時人気のスポーツだったテニス専用シューズとして生まれたのが「スキッドグリップ」である。
「近代テニスの父」ジャック・クレーマー(John Albert "jack" kramer)との契約はコンバーステニスシューズに最初の黄金期をもたらすことになる。70年代後半からテニスシューズとしての役目を終え、カジュアル用シューズになってからは、オールスターとともにカラーバリエーションも増殖。80年代以降はBMXライダーやスケートボーダーに愛されることになる。

1957 キャンバスオールスターのOX(ローカット)製造開始
OXとは、(オックスフォード)タイプの略称である。
このモデルは多くのプレイヤーたちからアドバイスを受けて1957年から製作され、バスケットボールのアクロバティックなプレイで有名だったハーレムグローブトロッターズなどもテストを行っている。1960年代当時のデータでは、バスケットボールシューズの市場において8割以上を占め、コンバースの黄金期を迎えることとなる。

1969 “スター&バーズ”モデルの誕生
“スター&バーズ”(★マークと2本ライン)をアッパーに配した「スムースレザーオールスター」、通称「ジャックスター」の誕生。
翌1970年にはスエードアッパーが、1972年にはスムースレザーのハイカットが発売されるなど人気を博したが、1973年に生産終了を迎える。このモデルから2本ラインを取り、よりシンプルなデザインで後に発売されるのが、名作「ワンスター」である。

1974 「幻」のONE STAR
バスケットボールシューズを含めたプロユースのスポーツシューズの素材や機能がますます進化し、それまでのキャンバス素材からレザー素材を求める声が高まっていた。コンバースは、それに応えて優れた耐久性を持つレザーをアッパーに採用した「ワンスター」を開発する。
しかし、新しいバスケットボールシューズは、製法上の難しさと素材の手配の理由で1975年までのわずか2年間しか製造されず、「幻の」という枕詞までつく70年代を代表するバスケットボールシューズとなった。

1975 ランニングシューズ、ALL STAR TRAINING SHOES発売

1976 PRO-LEATHER登場
Dr.Jことジュリアス・アービング。まるで重力から自由になったかのような空中での技の数々、豪快にボールをリムに叩き込むスラムダンクなど、彼はそのプレイを芸術の域にまで高めていった。その華麗なプレイを足元で支えたのが、コンバースのレザー製バスケットボールシューズ「プロレザー」である。

1977 STAR FIRE WORLD CLASS TRAINER発売
1977年、そのカラー展開から”青りんご”の愛称でも親しまれた人気モデル「スターファイヤー」を発売。

1984 LAオリンピックオフィシャルシューズスポンサー契約、WEAPONの前身となるSTARTECH発売。
レザーのONE STAR復刻。1984年に熱いファンの要望を受けて復刻され、ファッションの世界へと返り咲いた。

1985 THE ODESSA発売
現在では生産されていないエポックメイキングなモデル。

1986 バスケットボールシューズの名作 WEAPON発売。
くるぶしをホールドするY字型のサポートカッティングシステムを搭載したシューズ。

1992 バルセロナオリンピックに合わせ、MAGIC OLYMPIC ACCELERATOR、BIRD OLYMPIC PROSTARを発表。

1996 ALL STAR 2000発表
オールスターがバスケットボールコートを去って久しかった1996年、着地における足への衝撃を吸収するリアクトシステムを搭載したバスケットボールシューズ、「オールスター2000」を発表。

2005 JACK PURCELLリニューアル
誕生して70周年に当たる2005年、リニューアルモデルが登場した。従来の「スマイル」や「ヒゲ」(ヒールラベル)が継承された一方、カップインソールやウエーブスリットソールを新たに採用し、従来のモデルよりも片足あたり約70gの軽量化を実現。

2006 CHEVRON&STARカテゴリー新設。

2008 CONVERSE生誕100周年

2014 TimeLine始動
2014年から始動の新ライン「TimeLine(タイムライン)」。現在のスニーカーシーンに新たなスタンダードを築き上げるため、コンバースの持つ豊かなアーカイブを現代に合わせてリビルドし、新たなマスターピースを造り上げることをコンセプトに掲げる。第1弾では1974年に誕生したワンスター スエードのオリジナルモデルを復刻。ラストやアッパーパターン、星の大きさ、ヒールラベルなど、細部まで徹底してこだわり、オリジナルモデルを忠実に再現し、話題を呼んだ。

2017 CONVERSE ALL STAR誕生から100周年

ABC-MART
B1F / 靴、シューケア用品
086-235-5070 086-235-5070